英語教室はみんな同じではない…

今年は変化の年でした。
オンラインレッスンもしっかり定着。
安心安全に、そしてたくさんの英検合格者を輩出することができました。

それを反映して 、様々な人からお問合せをいただきました。
そこでよくあることですが…
他の英会話教室からの体験者。

「英会話は習っていても、英語をまったく話せない」
「何年も習っているのに単語がかけない小学生」

一週間に一回で会話が出来るようにはなりません
どうすれば発話に繋がるか、
限られた時間で一言でも多く話すようにしたい 。
書けるようになりたい。

その答えはこんなところから。

※ある小学校1年生のお母様からのお話。
突然、何気ない会話の中で結構な英語の長文を話したというのです。
しっかり状況にマッチしていて
やはりわかっていたんだ!と。

※夏期講習の時

120もの単語をフォニックス講座で
小学校低学年のお子様たちが読めてしまいました!

まさしくステップワールド の確かな教材にあります。
教材の善し悪しは子供達の発達に大きく係わってきます。
そしてその教材を使う教師の力量と情熱も当然加味されます。

まとめます、最も大切な事は年齢によって教え方が全く違うということです。

幼児は身体全体で覚えて行くので右脳中心の体感教育。
小学生は右脳と左脳(理解と論理)を練り混ぜたリスニングを中心とした音声教育 。
中高生は英作・リスニングを一体にした教育がよいのです。

ステップワールドのテキストは実に巧みに上記のポイントをワシヅカミ。

誤った教育方法ですと効果がなかなか現れないことがあります

外国人の傍
にいるだけではダメなんです。

英語はどこで習っても一緒ではありません。